モロッコについて

モロッコはアフリカ北西部に位置しています。アラブ国家で3番目に人口が多い国であり、ヨーロッパからわずか9マイルのアフリカへの出入り口になっています。モロッコはインスピレーションを与えられる国であり、西洋人にとってはロマンティックで魅惑的な国でもあります。ラバト、メクネス、マラケシュ、フェズなど帝都の迷宮に素晴らしい魅力が詰まっています。それ以上にモロッコは素晴らしい豊かな伝統建築の宝庫であり、中世都市、ローマの廃墟、ベルベルの要塞、美しいイスラム建造物、世界でもその種の最もよい例の一つを見る事が出来るはずです。

 

モロッコのみどころ:

モロッコには、そこを訪れたくなる魅力や興味をそそるものにあふれ、自然美や印象的な場所に富んでいます。モロッコの文化や歴史として、アシリアの古代都市、ヘラクレスのグロット等があります。同等に注目すべきはサハラ砂漠や広大なモワヤンアトラス山脈(中アトラス)、オートアトラス山脈(高アトラス)、アンティアトラス山脈(小アトラス)等のモロッコの景色です。

 

モロッコの世界遺産に備わった、驚きに満ちた世界を探索してください。世界の人々に通じる素晴らしいもので、このような光景を維持し残していくことは、全ての人々にとって有益なことと思います。発掘されなければ埋もれて知られることのない素晴らしい遺跡や、世界の歴史においても稀に見る共存状態を見ることができます。
モロッコには8つもの世界遺産が存在します。 11世紀につくられたスペイン・ムーラン調のすばらしい建築物は、美しさに溢れています。同様に、アイットベンハドゥの美しいクサールなどもあり、Jewel of the nile, the Living Daylights, グラデュエーター、アレキサンダー等を含む多くの映画に使われています。エッサウィラのメディナでは伝統的建築、フェズのメディナではモロッコの歴史的宮殿や建築物やモスク、噴水のある家々等モロッコの文化精神の中心を見ることができます。マラケシュのメディナではカスバや壮大なモスクや野外劇場など、最も印象的な構造を見ることができ、今もまだ残るその素晴らしい姿は世界中の人々を惹きつけてやみません。

概要:

正式国名:モロッコ王国

面積: 710,850sq km

人口: 3100万人 以上

首都: ラバト

人種: アラブ55%、ベルベル44%、外国人0.7%、ユダヤ人0.2%

言語: アラビア語 (公式) ベルベル方言、フランス語スペイン語、英語

宗教: イスラム教

政治体制: 立憲君主制

国家元首: モハメッド王

経済 : GDP: US.50億ドル GDP 一人当たり: US 100